メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深まる分断

トランプ政権1年/下 国務長官もツイート注視 世界揺さぶる「独断」

ゴルフ場からの帰りの移動中、車の後部座席に座って携帯電話を操作するトランプ米大統領=米南部フロリダ州パームビーチで2017年2月、AP

 「大統領がツイッターに投稿するたび、部下が紙に印刷し手渡してくれるんだ」

 今月17日に米西部カリフォルニア州の大学で講演したティラーソン国務長官が苦笑いしつつ、明かした。トランプ大統領がいつ、何を発信するか分かるすべはない。だから「ツイートを見て、外交政策にどう落とし込むか考える。最初は戸惑った」という。

 すべての政策は米国第一主義に基づく--。こう宣言したトランプ政権のこの1年は、外交・安全保障政策も…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです