メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深まる分断

トランプ政権1年/下 国務長官もツイート注視 世界揺さぶる「独断」

ゴルフ場からの帰りの移動中、車の後部座席に座って携帯電話を操作するトランプ米大統領=米南部フロリダ州パームビーチで2017年2月、AP

 「大統領がツイッターに投稿するたび、部下が紙に印刷し手渡してくれるんだ」

 今月17日に米西部カリフォルニア州の大学で講演したティラーソン国務長官が苦笑いしつつ、明かした。トランプ大統領がいつ、何を発信するか分かるすべはない。だから「ツイートを見て、外交政策にどう落とし込むか考える。最初は戸惑った」という。

 すべての政策は米国第一主義に基づく--。こう宣言したトランプ政権のこの1年は、外交・安全保障政策も…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1303文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]