メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

中国 急速に進むEV普及 海外市場、参入狙う 政府、手厚い支援制度

電気自動車(EV)の製造ライン。ボディーには「新能源車」(新エネルギー車)と書かれた紙が張られていた=中国・合肥市の安徽江淮汽車集団で2017年12月

 世界最大の自動車市場・中国で、電気自動車(EV)が売り上げを伸ばしている。地場メーカーが相次ぎ新モデルを投入し、街中でも頻繁にEVを見かけるようになってきた。世界に先駆け、普及期に入った中国のEV事情を追った。

 昨年12月上旬、上海から西へ約500キロの安徽省・合肥に本社を構える「安徽江淮汽車集団」を訪ねた。年間販売台数50万台程度と中国では中堅の自動車メーカーだが、独フォルクスワーゲン(VW)とEV生産・販売の合弁会社設立を発表するなど、積極的なEV戦略で注目を集めている。

 工場に入ると、ガソリン車と同じラインでEVの組み立て作業が行われていた。製造設備やボディー、部品な…

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1886文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]