メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

中国 急速に進むEV普及 海外市場、参入狙う 政府、手厚い支援制度

電気自動車(EV)の製造ライン。ボディーには「新能源車」(新エネルギー車)と書かれた紙が張られていた=中国・合肥市の安徽江淮汽車集団で2017年12月

 世界最大の自動車市場・中国で、電気自動車(EV)が売り上げを伸ばしている。地場メーカーが相次ぎ新モデルを投入し、街中でも頻繁にEVを見かけるようになってきた。世界に先駆け、普及期に入った中国のEV事情を追った。

 昨年12月上旬、上海から西へ約500キロの安徽省・合肥に本社を構える「安徽江淮汽車集団」を訪ねた。年間販売台数50万台程度と中国では中堅の自動車メーカーだが、独フォルクスワーゲン(VW)とEV生産・販売の合弁会社設立を発表するなど、積極的なEV戦略で注目を集めている。

 工場に入ると、ガソリン車と同じラインでEVの組み立て作業が行われていた。製造設備やボディー、部品な…

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1886文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです