メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

中国 急速に進むEV普及 海外市場、参入狙う 政府、手厚い支援制度

電気自動車(EV)の製造ライン。ボディーには「新能源車」(新エネルギー車)と書かれた紙が張られていた=中国・合肥市の安徽江淮汽車集団で2017年12月

 世界最大の自動車市場・中国で、電気自動車(EV)が売り上げを伸ばしている。地場メーカーが相次ぎ新モデルを投入し、街中でも頻繁にEVを見かけるようになってきた。世界に先駆け、普及期に入った中国のEV事情を追った。

 昨年12月上旬、上海から西へ約500キロの安徽省・合肥に本社を構える「安徽江淮汽車集団」を訪ねた。年間販売台数50万台程度と中国では中堅の自動車メーカーだが、独フォルクスワーゲン(VW)とEV生産・販売の合弁会社設立を発表するなど、積極的なEV戦略で注目を集めている。

 工場に入ると、ガソリン車と同じラインでEVの組み立て作業が行われていた。製造設備やボディー、部品な…

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1886文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです