メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

花王 メリット 時代に合わせ「利点」追求

ロングセラーのメリット=花王提供

 1970年に誕生した花王のシャンプー「メリット」。発売当時、日本人の洗髪は週に2回程度だったため、殺菌作用のある薬効成分「ジンクピリチオン」を配合し、ふけやかゆみを抑える効果をうたった。当時200円と、通常のシャンプーの倍程度の価格で売り出し、商品名は「高価格に見合ったメリット(利点)のある商品」の意味を込めて付けられた。

 「メリット」という力強い響きの名前にすることで、消費者に「他のシャンプーより効き目がありそう」と感…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです