メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

花王 メリット 時代に合わせ「利点」追求

ロングセラーのメリット=花王提供

 1970年に誕生した花王のシャンプー「メリット」。発売当時、日本人の洗髪は週に2回程度だったため、殺菌作用のある薬効成分「ジンクピリチオン」を配合し、ふけやかゆみを抑える効果をうたった。当時200円と、通常のシャンプーの倍程度の価格で売り出し、商品名は「高価格に見合ったメリット(利点)のある商品」の意味を込めて付けられた。

 「メリット」という力強い響きの名前にすることで、消費者に「他のシャンプーより効き目がありそう」と感…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです