メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

子宮脱で出血や痛み=答える人・巴ひかる教授(東京女子医大東医療センター・泌尿器科)

東京女子医大東医療センター 巴ひかる教授(泌尿器科)

 Q 子宮脱で出血や痛み

 寝たきりの夫を介護していた頃から子宮脱になり、産婦人科でリングを入れてもらいましたが、出血や痛みがあります。手術した方がよいでしょうか。(大阪府豊中市、女性、76歳)

 A 続く場合は手術を

 子宮脱は骨盤臓器脱の一つで、骨盤内の子宮やぼうこう、直腸などが下がって、膣口から体の外に出てくる状態です。出産や加齢によって子宮などを支える筋肉や靱帯(じんたい)などの組織が弱くなって起こります。重いものを持つ仕事の人がなりやすく、介護も理由の一つかもしれません。

 入浴中に陰部に丸いものが触れて受診する人が多く、約半数の人が頻尿や尿失禁の症状を伴うなど、生活の質…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文939文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]