メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

炉端焼き×宮城・閖上 朝市の匂い、天まで届け

イラスト 佐々木悟郎

 港が闇に包まれた日曜の午前3時。宮城県名取市の海沿いのまち、閖上(ゆりあげ)で朝市の準備が始まる。富田友通さん(77)が前日に仕入れたカンパチをさばく。「忙しくなっぞ」。空が白み始めた。

 朝市は約30年前、今の場所で始まった。「横並びじゃなく、切磋琢磨(せっさたくま)しよう」と仲間たちで決めた。閖上で取れた赤貝や近海のカキ。値段と質を競い合うと評判を呼び、7000人のまちに4000人近い客が訪れた。7年前の震災がそのにぎわいを奪った。

 まちでは750人以上が亡くなり、朝市の一帯も津波に遭った。店主4人が犠牲になり多くが家族を失う。富…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  2. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです