メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

炉端焼き×宮城・閖上 朝市の匂い、天まで届け

イラスト 佐々木悟郎

 港が闇に包まれた日曜の午前3時。宮城県名取市の海沿いのまち、閖上(ゆりあげ)で朝市の準備が始まる。富田友通さん(77)が前日に仕入れたカンパチをさばく。「忙しくなっぞ」。空が白み始めた。

 朝市は約30年前、今の場所で始まった。「横並びじゃなく、切磋琢磨(せっさたくま)しよう」と仲間たちで決めた。閖上で取れた赤貝や近海のカキ。値段と質を競い合うと評判を呼び、7000人のまちに4000人近い客が訪れた。7年前の震災がそのにぎわいを奪った。

 まちでは750人以上が亡くなり、朝市の一帯も津波に遭った。店主4人が犠牲になり多くが家族を失う。富…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです