メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

デトロイト 50年前の「暴動」巡る実話 今も変わらぬ黒人差別

 2014年8月、ミズーリ州ファーガソンで、18歳の青年マイケル・ブラウンが警官に射殺されました。

 青年は武器を携帯していませんでしたが、起訴を決定する大陪審の判断は、不起訴。マイケル・ブラウンが黒人、警官は白人。同じような事件が続いたこともあって、黒人社会を中心に反発が広がりました。

 昔からそうだ、いまもアメリカは差別が続いていると思った方がおいででしょう。黒人の血の入ったオバマが大統領を2期も務めたのにまだこんなことが起こっているのかと驚く人もいるでしょう。

 その他方には、これは差別問題じゃないと考える人も存在する。大陪審が判断した結果を人種差別と呼ぶのは…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1547文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]