メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
待ち遠しい

/49 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 ゆかりは、大きな問題に直面している時こそ果物狩りなどの気分転換に出かけようと誘うが、律子は苛立(いらだ)って拒絶し、仮眠する。春子はゆかりに果物狩りに「行きたい」と伝えてから離れに戻り、午前3時ごろ布団に入って熟睡した。

若い二人

 もうかなり高くまで上った太陽に、庭の草木の新緑が照らされて眩(まぶ)しかった。淡い黄緑色の葉が重なり合って、美しい模様を作っていた。名前を知らない黄色い花が、飛び石の脇に咲いていた。

 眩しさに目を凝らし、春子は、母屋のほうを見つめた。縁側に、二人が座っていた。まさか、と思ったが、沙…

この記事は有料記事です。

残り2731文字(全文2997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです