メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中塩美悠の青いバラ

正解のない猛練習 /兵庫

全日本選手権のSPで演技する中塩美悠さん=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで、手塚耕一郎撮影

 昨年末の全日本選手権は、大切な平昌冬季五輪の代表選考を兼ねた試合でもありました。そのため、日本代表の切符を狙っていた(チームメートの)田中刑事選手の猛練習に私も参加し、必死にそのスケジュールをこなす毎日を送りました。

 一番ハードな日はこうです。朝1・5時間、昼には個人レッスン、夜の2時間弱の貸し切り練習を終えると、移動して別のリンクでさらに1・5時間。最後の練習が終わる時間は夜中の0時で、深夜1時すぎに自宅に着くと倒れるように寝る始末。気が付くと体重は去年より5キロも減り、体脂肪は1桁台まで落ちていました。

 試合会場に入り、前日練習、公式練習と非常に調子が良く、このままいければ何も問題ない。そう信じて本番…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文966文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです