メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

ヤマト(東京都)/下 起業家精神脈々と

「もの、人、こと」をくっつけるをコンセプトに、と話す長谷川社長=ヤマト提供

 <since 1899>

時代とともに絶えず変化に対応する

 現在まで変わらずに伝わっている家訓に「一代一創業」がある。代々の経営者は起業家精神を忘れることなく、新しい事業を一つは起こさなければならないというものだ。

 4代目社長の長谷川豊さん(59)は国内の大学を卒業後、米国の大学で経営学修士(MBA)を取得。その後、外資系の金融会社で15年働き、2000年に現職に就いた。「米国時代の上司によく言われた“言うより実践”という働き方に多くを学びました」と話す。外資系金融会社と老舗文具メーカーの仕事の仕方の違いに最初は戸惑ったが、新分野のホビークラフトを自ら手がける。

 米国ではホビー商品が暮らしの中に自然にあり、日本に定着させたいというのが動機になった。自分が描いた…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです