メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

ヤマト(東京都)/下 起業家精神脈々と

「もの、人、こと」をくっつけるをコンセプトに、と話す長谷川社長=ヤマト提供

 <since 1899>

時代とともに絶えず変化に対応する

 現在まで変わらずに伝わっている家訓に「一代一創業」がある。代々の経営者は起業家精神を忘れることなく、新しい事業を一つは起こさなければならないというものだ。

 4代目社長の長谷川豊さん(59)は国内の大学を卒業後、米国の大学で経営学修士(MBA)を取得。その後、外資系の金融会社で15年働き、2000年に現職に就いた。「米国時代の上司によく言われた“言うより実践”という働き方に多くを学びました」と話す。外資系金融会社と老舗文具メーカーの仕事の仕方の違いに最初は戸惑ったが、新分野のホビークラフトを自ら手がける。

 米国ではホビー商品が暮らしの中に自然にあり、日本に定着させたいというのが動機になった。自分が描いた…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]