メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車で社会復帰

訪問リハビリで運転再開

実車評価に取り組む男性(右端)。作業療法士の永島匡さん(中央)と教習所の山田浩・教習部統括課長が見守る=神奈川県座間市の都南自動車教習所で

 脳卒中のリハビリを終えた人が自動車運転を再開する際、訪問リハビリによる支援が始まっている。病院から独立した立場で援助するほか、入院中の状態が悪く運転再開まで至らず、退院後に回復した場合にも利用者を支えている。

 ●地域の中で支援

 「緊張しました」。男性(55)はほっとした表情で都南自動車教習所(神奈川県座間市)での実車能力評価を終えた。昨年4月に脳卒中になり、リハビリ病院に入院。入院中は腕が上がらなかった。体が十分回復せず、注意障害も少しみられ、運転再開には至らなかった。

 住宅設備の自営業を営むこの男性が仕事に戻るには、自動車の運転再開が欠かせない。10月に退院した後は…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1255文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです