メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

鶴竜、全勝ターン

正代を上手出し投げで降す鶴竜(右)=渡部直樹撮影

8日目(21日・両国国技館)

 横綱の鶴竜は正代を退け、ただ一人、8連勝を飾った。中日での勝ち越しは優勝した2016年九州場所以来7回目。

 関脇・御嶽海は逸ノ城に屈して初黒星。1敗は平幕の栃ノ心、大栄翔を含めた3人。2敗で栃煌山、松鳳山、朝乃山の3人が並ぶ。大関陣は高安が貴景勝をはたき込んで5勝目を挙げたが、豪栄道は千代大龍に突き出されて3敗目を喫した。

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです