メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正代を上手出し投げで降す鶴竜(右)=渡部直樹撮影

8日目(21日・両国国技館)

 横綱の鶴竜は正代を退け、ただ一人、8連勝を飾った。中日での勝ち越しは優勝した2016年九州場所以来7回目。

 関脇・御嶽海は逸ノ城に屈して初黒星。1敗は平幕の栃ノ心、大栄翔を含めた3人。2敗で栃煌山、松鳳山、朝乃山の3人が並ぶ。大関陣は高安が貴景勝をはたき込んで5勝目を挙げたが、豪栄道は千代大龍に突き出されて3敗目を喫した。

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです