メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯

 気象庁は21日、日本列島の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、22日昼ごろから23日朝にかけて関東甲信地方や東北地方太平洋側で大雪になる恐れがあると発表した。山沿いだけでなく平野部でも雪が積もる見通しで、東京23区でも数センチ程度の積雪が予想されるという。

 気象庁によると、22日は低気圧が九州地方南部から関東地方南岸に向かって発達しながら進み、太平洋側に寒気を引き込むため、広い範囲で雪となる見通し。関東甲信の降雪のピークは22日夕から夜で、帰宅時間帯と重なる恐れがある。23日朝は氷点下まで冷え込む予想で、気象庁は路面凍結や交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 23日正午までの24時間予想降雪量は多いところで、甲信、関東北部の山沿い、神奈川・箱根、埼玉・秩父…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです