メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯

 気象庁は21日、日本列島の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、22日昼ごろから23日朝にかけて関東甲信地方や東北地方太平洋側で大雪になる恐れがあると発表した。山沿いだけでなく平野部でも雪が積もる見通しで、東京23区でも数センチ程度の積雪が予想されるという。

 気象庁によると、22日は低気圧が九州地方南部から関東地方南岸に向かって発達しながら進み、太平洋側に寒気を引き込むため、広い範囲で雪となる見通し。関東甲信の降雪のピークは22日夕から夜で、帰宅時間帯と重なる恐れがある。23日朝は氷点下まで冷え込む予想で、気象庁は路面凍結や交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 23日正午までの24時間予想降雪量は多いところで、甲信、関東北部の山沿い、神奈川・箱根、埼玉・秩父…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです