メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1988年ソウル五輪。あの時、北朝鮮は妨害するため、女性工作員・金賢姫元死刑囚を使って大韓航空機爆破事件(87年11月29日)を起こした。30年たって……朝鮮半島の情勢はさらに複雑化している。

 北朝鮮は南北会談で「平昌冬季五輪に選手団を派遣する」と表明。国際社会に「対話と和解」のジェスチャーをことさら示した。多分「裏」がある。水面下の交渉で「約束事」がなければ、五輪という大事な“外交カード”を使うことはない。

 その「裏」が何なのか? 安倍内閣は正確に捉えているのか。中国、ロシアでは「南北会談が緊張緩和につな…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文892文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]