メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

神奈川・座間の連続殺人事件 捜査に「もしも」の教訓=春増翔太(東京社会部)

女子高生2人の携帯電話の位置情報

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月に9人の遺体が見つかった事件は、今月末で発覚から3カ月がたつ。死体遺棄や殺人などの容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の捜査は続いているが、多くの人がこのニュースに触れた時、「なぜ、警察は早く気付かなかったのか」と感じたのではないだろうか。若い男女が昨年8月末以降、次々と姿を消しながら、なぜ2カ月も発覚しなかったのか、と。

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2062文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです