メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

神奈川・座間の連続殺人事件 捜査に「もしも」の教訓=春増翔太(東京社会部)

女子高生2人の携帯電話の位置情報

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月に9人の遺体が見つかった事件は、今月末で発覚から3カ月がたつ。死体遺棄や殺人などの容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の捜査は続いているが、多くの人がこのニュースに触れた時、「なぜ、警察は早く気付かなかったのか」と感じたのではないだろうか。若い男女が昨年8月末以降、次々と姿を消しながら、なぜ2カ月も発覚しなかったのか、と。

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです