メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

神奈川・座間の連続殺人事件 捜査に「もしも」の教訓=春増翔太(東京社会部)

女子高生2人の携帯電話の位置情報

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月に9人の遺体が見つかった事件は、今月末で発覚から3カ月がたつ。死体遺棄や殺人などの容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の捜査は続いているが、多くの人がこのニュースに触れた時、「なぜ、警察は早く気付かなかったのか」と感じたのではないだろうか。若い男女が昨年8月末以降、次々と姿を消しながら、なぜ2カ月も発覚しなかったのか、と。

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2062文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです