メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/2 北朝鮮被爆者支援、今こそ 豊永恵三郎さん

北朝鮮や韓国に住む被爆者に思いを寄せる豊永恵三郎さん=広島市中区で2018年1月12日、山田尚弘撮影

 <この命ある限り documentary report 227>

 在韓被爆者の支援に長年携わってきた被爆者の豊永恵三郎さん(81)は今月9日、広島市内の歯科医院の待合室で、毎日新聞朝刊1面の記事を見て重い気持ちになった。「やっぱり新たな核被害者が生まれているんだな」。北朝鮮の地下核実験場付近に住み、2度の核実験後に脱北した元住民2人に、原爆被爆者にみられるような染色体異常が生じているとのニュースだった。

 豊永さんは実態がつかめない北朝鮮の被爆者を気にかけてきた。「これを見てみなさい」。カバンから取り出…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1211文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]