メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

デンスケはラジオの鉛筆だった

 放送局、といえば当時(1950年代)はラジオ局である。テレビはまだ開局したばかりの時代の話だ。報道部に配属されるとデンスケ(携帯録音機)を渡された。

 その頃、日活アクション映画で石原裕次郎が放送記者に扮(ふん)して麻薬密売組織の一味と大立ち回りを演じるシーンがあった。肩にかけたデンスケを振り回すと、悪者はバッタバッタと倒れる。進行中の貨車にデンスケを放り投げ、裕次郎も陸橋から飛び降りセーフ。観客の私は「うそつけ、あんなことをしたらデンスケは使いものにならない。デタラメ映画め!」とつぶやいた。

 新聞記者が鉛筆で書くように、放送記者はずっしり重いデンスケで取材。渦中の政治家やタレントを追い、ヘ…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文798文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです