メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

演出家 丹野郁弓の「明石原人」 日本の創作劇、初挑戦

 「どの1本も大切に大切に作っています。何か1本を挙げるとほかの何本かがかわいそう」。劇団民芸の演出家として劇団内外で活躍する丹野郁弓が、そう前置きした上で、「転機」ということで挙げたのが、2004年に演出した「明石原人」。小幡欣治の書き下ろしで、旧石器時代と思われる人骨を発見するも学会の権威や時代に阻まれる夫と、そんな夫を励ます妻を巡る物語だ。1995年に演出家デビューした丹野にとって日本の創作劇への初挑戦でもあった。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1210文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 TBSを厳重注意 「芸人連れ去り」に通報相次ぐ
  2. 旧海軍潜水艦 「呂500」が若狭湾で発見か 独から譲渡
  3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  4. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]