メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

演出家 丹野郁弓の「明石原人」 日本の創作劇、初挑戦

 「どの1本も大切に大切に作っています。何か1本を挙げるとほかの何本かがかわいそう」。劇団民芸の演出家として劇団内外で活躍する丹野郁弓が、そう前置きした上で、「転機」ということで挙げたのが、2004年に演出した「明石原人」。小幡欣治の書き下ろしで、旧石器時代と思われる人骨を発見するも学会の権威や時代に阻まれる夫と、そんな夫を励ます妻を巡る物語だ。1995年に演出家デビューした丹野にとって日本の創作劇への初挑戦でもあった。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1210文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです