メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

急増する「負動産」

野田毅氏

 所有者が分からなかったり、資産価値を失って利用の見通しが立たなかったりする土地などの「負動産」が全国で急増している。核家族化の進行や、「多死社会」の到来を目前に相続が滞っているのが原因だ。国も重い腰を上げ、時代遅れの土地制度の改革に乗り出す。限られた国土を有効に活用するにはどうすればよいのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4400文字(全文4551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです