メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

大気汚染改善に奇策 観測機に水/巨大空気清浄塔…

 【上海・林哲平】大気汚染改善が最重要課題となっている中国で、習近平国家主席の厳命を受け各地でさまざまな「奇策」が編み出されている。改善しつつある地域がある一方、観測データの偽装や暖房の制限による市民生活への悪影響も表面化している。

 環境保護省などによると、江西省新余市で昨年9月、地元当局が水を霧状にして散布する「霧大砲」と呼ばれる機械を使い、観測機器に向けて大量の水をまいた。汚染物質を吸収させる狙いがあったとみられる。責任者は「業務達成のプレッシャーが大きかった」と話しているという。12月には寧夏(ねいか)回族自治区石嘴山(せきしざん)市でも霧大砲で観測機器のある建物に散…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです