メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南アフリカ

ケープタウンで干ばつ 「4月に水枯渇」

水位が下がり干上がったケープタウン近郊のダム=南アフリカで2017年11月8日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】風光明媚(めいび)な観光地として知られる南アフリカ南西部ケープタウンで干ばつによる水不足が深刻化している。「100年に1度」の危機的状況とされ、4月下旬までに枯渇する恐れが高まっている。

 ケープタウンは現在真夏で、乾期(11~3月)の最中。ここ数年は降水量が少なく渇水が続き、2017年初めごろから状況が深刻化していた。地元紙によるとデ・リル市長は今月中旬、このまま雨が降らなければ「4月21日には蛇口から水が…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです