メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

文化大革命という鏡 上海支局・林哲平

 昨年12月公開の中国映画「芳華」は、数千万人とされる人々が政治迫害を受けた文化大革命(1966~76年)が主なテーマだ。共産党の「負の歴史」である文革の時代を当時の若い男女がどう生きたのか。主題の敏感さも手伝って高い関心が集まり、興行収入は14億元(約240億円)を超えた。

 「革命の敵」として迫害された父親を慕い続ける女性、恋に破れて向かった戦地で重傷を負った男性。上海の映画館では、同年代を生きた中高年の観客らからすすり泣きがもれた。「…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです