メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

文化大革命という鏡 上海支局・林哲平

 昨年12月公開の中国映画「芳華」は、数千万人とされる人々が政治迫害を受けた文化大革命(1966~76年)が主なテーマだ。共産党の「負の歴史」である文革の時代を当時の若い男女がどう生きたのか。主題の敏感さも手伝って高い関心が集まり、興行収入は14億元(約240億円)を超えた。

 「革命の敵」として迫害された父親を慕い続ける女性、恋に破れて向かった戦地で重傷を負った男性。上海の映画館では、同年代を生きた中高年の観客らからすすり泣きがもれた。「…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]