メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

パンの缶詰作ったお店の挑戦物語 阪神大震災の被災者の声きっかけ

パンの缶詰について語る秋元義彦さん=東京都渋谷区猿楽町の代官山蔦屋書店で、坂根真理撮影

 備蓄食となる柔らかいパンの缶詰を開発した栃木県の小さな町のパン屋さんの挑戦を紹介した児童書「世界を救うパンの缶詰」(ほるぷ出版)が昨秋刊行され、話題になっている。【坂根真理】

 「おいしくて柔らかくて、無添加で長期保存ができるパンの缶詰を作りたかった」

 栃木県那須塩原市にあるパン屋「パン・アキモト」社長の秋元義彦さん(65)は、12日夜に東京都内で講演し、パンの缶詰作りに挑戦した日々を振り返った。

 きっかけは、1995年1月17日に発生した阪神大震災。秋元さんは「被災した方のために何かしたい」と…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文973文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]