メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

服用せずに自宅に残された大量の薬=岐阜県内の高齢者宅で(画像の一部を加工しています)

 1度に5~6種類以上の薬を服用する高齢者は多い。どれも必要な薬剤ならよいが、中には不要な薬を漫然と飲み続け、副作用が生じるケースもある。高齢者の多剤服用の解消にどう取り組めばよいのか。

 ●重い副作用も

 高齢者の多剤服用問題に取り組む病院がある。国立病院機構栃木医療センター(宇都宮市)のポリファーマシー外来だ。簡単に言えば、高齢者が服用している薬剤をチェックして、必要性を再検討する外来だ。ポリファーマシー(ポリは「多い」の意味)は一般に多剤服用または多剤併用と訳されている。何剤から多剤と言うかの定義はないが、一般には5~6剤以上を指す。

 きっかけは4年前に入院した80代の女性患者だった。心臓や腎臓に疾患をもち、すでに10種類近い薬を飲…

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2165文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです