メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祭典の裏側

ロシアW杯まで5カ月/2 国内リーグ、課題が山積

ロシアプレミアリーグのディナモ-ロストフの試合では珍しく子供の観客もいた=モスクワ郊外のヒムキで2017年12月2日、丹下友紀子撮影

 軍隊のチームとして出発したCSKAモスクワ、労働組合を起源とするスパルタク・モスクワ、警察のチームだったディナモ・モスクワ、鉄道のロコモティフ・モスクワ……。旧ソ連時代からのロシアの名門サッカークラブだ。現在はどのクラブも国家組織との関わりはないが、かつては国のシステムがこれらのクラブの繁栄に大きな影響を与えていた。

 スポーツ評論家のデニス・イサエフさん(48)は「能力のある選手が軍隊や警察のチームに集まった」と説…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1069文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]