メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 難しいメンタル維持=村田諒太

 (カットは直筆)

 このコラムを書いている22日、エマヌエーレ・ブランダムラ選手(イタリア)との初防衛戦(4月15日、横浜アリーナ)を記者会見で発表しました。本来はもう少し早く書き上げるはずでしたが、試合に向けたポジティブな言葉が見つからずにいました。心機一転、本日を境に頑張ります!

 初防衛戦は難しいと言われるらしいのですが、さまざまな要因があると思います。まずはチャンピオンになって満足してしまい、トレーニングに身が入らなくなること。または周りの環境が変わり、チヤホヤされ過ぎてしまうこと……。要するにハングリーじゃなくなってしまうということですね。しかし、どれもこれも受け入れていくしかありません。無理にこの感情を無視しようとしても逆効果でしょう。それも含めて自分の実力と受け止め、乗り越えてみせます。

 チーム帝拳としては3月1日、高校の先輩でもある山中慎介選手が世界ボクシング評議会(WBC)バンタム…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1070文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]