メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 難しいメンタル維持=村田諒太

 (カットは直筆)

 このコラムを書いている22日、エマヌエーレ・ブランダムラ選手(イタリア)との初防衛戦(4月15日、横浜アリーナ)を記者会見で発表しました。本来はもう少し早く書き上げるはずでしたが、試合に向けたポジティブな言葉が見つからずにいました。心機一転、本日を境に頑張ります!

 初防衛戦は難しいと言われるらしいのですが、さまざまな要因があると思います。まずはチャンピオンになって満足してしまい、トレーニングに身が入らなくなること。または周りの環境が変わり、チヤホヤされ過ぎてしまうこと……。要するにハングリーじゃなくなってしまうということですね。しかし、どれもこれも受け入れていくしかありません。無理にこの感情を無視しようとしても逆効果でしょう。それも含めて自分の実力と受け止め、乗り越えてみせます。

 チーム帝拳としては3月1日、高校の先輩でもある山中慎介選手が世界ボクシング評議会(WBC)バンタム…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1070文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  3. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 非常事態宣言で「一石二鳥」狙い トランプ氏、政府再閉鎖の回避と支持層アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです