メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

BEAMSLINE(春日市) 上野昭代表 直感に訴える格好良さ

「作る楽しさが、人の役に立つことで喜びになった」と話すBEAMSLINEの上野昭代表=石田宗久撮影

上野昭代表(45)

 名刺や社章を製造する「BEAMSLINE」(ビームスライン、春日市)は、アクリル樹脂の素材をレーザービームで微細加工する。機械で基本的な切断や彫刻はするが、塗装や仕上げは手作業で多様なリクエストに応じる。上野昭代表(45)は「奥行きと立体感、透明感に特徴がある。直感に訴える格好良さを追求している」。

 少年時代からものづくりが好きだった。中学高校は美術の課題を自宅に持ち帰り、納得がいくまで徹夜で取り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです