メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

BEAMSLINE(春日市) 上野昭代表 直感に訴える格好良さ

「作る楽しさが、人の役に立つことで喜びになった」と話すBEAMSLINEの上野昭代表=石田宗久撮影

上野昭代表(45)

 名刺や社章を製造する「BEAMSLINE」(ビームスライン、春日市)は、アクリル樹脂の素材をレーザービームで微細加工する。機械で基本的な切断や彫刻はするが、塗装や仕上げは手作業で多様なリクエストに応じる。上野昭代表(45)は「奥行きと立体感、透明感に特徴がある。直感に訴える格好良さを追求している」。

 少年時代からものづくりが好きだった。中学高校は美術の課題を自宅に持ち帰り、納得がいくまで徹夜で取り…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです