メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
チェック

4Kテレビ、特需の落とし穴 平昌五輪控え、売れ行き好調 受信に専用チューナー必要

テレビ売り場に並べられた4Kテレビ=東京都渋谷区で19日、宮武祐希撮

 きめ細かな映像を楽しめる「4Kテレビ」が売れている。4Kの実用放送開始は12月以降だが、現行の地上波と衛星放送も高画質で見られるため、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、家電業界は需要の伸びを期待する。ただ、現在の4Kテレビでは専用チューナーが必要になるなど、混乱を招きかねない懸念がある。【小林祥晃】

 「年末年始は好調でした。売れ筋は50インチ前後の大型4Kテレビ。15万~20万円の価格帯が人気です…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1424文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです