メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢・華やかに

タカラヅカ 花組「ポーの一族」上演 漫画家・萩尾望都氏、名作を初ミュージカル化 /兵庫

少女漫画「ポーの一族」のキャラクターを忠実に演じる。エドガー役の明日海りお(左から2人目)、メリーベル役の華優希(中央)ら=宝塚大劇場で

吸血鬼の孤独と哀しみ

 宝塚歌劇団花組が宝塚大劇場で、ミュージカル「ポーの一族」(脚本・演出、小池修一郎)を上演している。少女漫画界で幅広い世代から支持を集める漫画家、萩尾望都氏の名作を初めてミュージカル化した。吸血鬼「バンパネラ」になり、年を取らず永遠の時を生きる主人公、少年エドガーを花組トップスターの明日海(あすみ)りおが演じる。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 エドガーは赤ん坊だった妹のメリーベル(華(はな)優希(ゆうき))と共に、イギリスの片田舎の森に置き…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです