メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

老いの更生/3 社会へつなぐ「特別調整」 刑務所に社会福祉士、信頼と共にニーズ引き出す /香川

受刑者と面接する岡崎陽子さん(右)=高松刑務所で、岩崎邦宏撮影

 「職安(公共職業安定所)へ行ってみたけど仕事はなかなか見つからない。年が年やけん」。昨年11月の高松刑務所(高松市松福町2)。知的障害の疑いがある男性受刑者(63)がつぶやくと、向かい合う社会福祉士の岡崎陽子さん(37)が語りかけた。「今回のようにお金がなくなって物を盗まなくてもよくなる制度があります」。そして「特別調整」の説明を始めた。

 特別調整は刑務所や保護観察所、地域生活定着支援センターが連携し、身寄りのない高齢者や障害者を出所後…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文959文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです