メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

カズオ・イシグロの深淵へ 松山大名誉教授ら作品解説 27日、樋又キャンパスで /愛媛

 ノーベル文学賞を受賞した日系英国人作家、カズオ・イシグロさんの文学の特質について理解を深めようと、シンポジウム「カズオ・イシグロの世界」が27日午後1時半~3時半、松山大樋又キャンパス(松山市文京町)で開かれる。無料。

 イシグロさんは長崎市出身。両親は日本人で、5歳の時に海洋学者の父の渡英に伴い、家族で移住した。主な著書に「日の名残り」「わたしを離さないで」などがある。昨年、…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです