メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

確率の受け止め方=鴨志田公男

 根室から釧路まで、北海道東部(道東)の太平洋沿岸をドライブしたことがある。途中で一休みしたのが、浜中町にある霧多布(きりたっぷ)湿原だった。晩秋で、湿原を彩る花の時期は過ぎていたが、町が設置した湿原センターで、湿原の地層の標本を見ることができた。

 茶色や黒の泥炭層の間に海砂が何層も挟まれている。道東を繰り返し襲った大津波が運んだ津波堆積(たいせき)物だという。次はいつ、どんな規模で? そんなもやもやした気持ちを抱いたことを覚えている。

 もう7年余り前の記憶がよみがえったのは、政府の地震調査委員会が昨年末、道東沖の千島海溝沿いで、東日…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1136文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです