メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

「セクハラ俳優」お断り! 米映画賞戦線、異状あり 審査、疑惑を重視

タイムズ・アップのピンバッジ=ロイター

 昨秋以降、米ハリウッドを発端に広がった反セクハラのうねりが、数々の映画賞レースをも揺るがしている。セクハラ疑惑が浮上した俳優はアカデミー賞(3月発表)の候補から落選。女優たちが「タイムズ・アップ(もう、おしまい)」を合言葉にセクハラ救済基金への協力を呼び掛ける中、ブーイングの起きない「正しい選考」を考える審査員も出ているという。映画賞戦線に異状あり?【ロサンゼルスで長野宏美】

 「ジェームズ・フランコ、アカデミー賞から無視される」。23日に同賞のノミネートが発表されると、米メ…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1265文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです