メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

鳴門市周辺、新たに飛来 繁殖目指し、県が人工巣塔の実証実験 /徳島

レンコン畑で過ごすコウノトリの親鳥2羽=2018年1月3日、沖野智美さん提供

 国の天然記念物、コウノトリが繁殖に成功した鳴門市周辺で、さらに飛来が続き、新たなペアの誕生や繁殖が期待できることが、県や市などでつくる「コウノトリ定着推進連絡協議会」の会議で確認された。県は、営巣時の事故を防ごうと、安全が確保された「人工巣塔」の実証実験を行う方針を示した。

 協議会の1月下旬の調査では、昨年6月に鳴門市大麻町の電柱から巣立った雄2羽と雌1羽や、その親鳥2羽が同市周辺で過ごしていることがわかっている。また、兵庫県豊岡…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  2. 覚せい剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです