メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

老いの更生/4止 服役13回、78歳男性 再犯の誘惑、福祉が歯止め 出所4年半「支援者裏切れない」 /香川

「もう刑務所に入所しない」と話す男性=高松市内で、岩崎邦宏撮影

 好きな時に自宅で食事を取り、気晴らしに公園を散歩する--。高松市の男性(78)は、覚せい剤取締法違反などの罪で人生の大半を刑務所で過ごした。だからこそ当たり前の日常に喜びを感じる。

 長崎の佐世保市で生まれた。少年時代から非行を重ね、友人に誘われて30歳で大阪へ出た。知人の勧めで覚醒剤に手を出したのもその頃だ。「頭がパーっとなる」感覚を忘れられずに注射を繰り返し、何度も捕まった。

 「ご苦労さん」。大阪や神戸の刑務所を出ると、売人がそう言って薬を差し出した。誘惑に勝てず、覚せい剤…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1153文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです