メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

韓国は嫌いですか(2)

 文豪スタンダールは恋愛には「結晶作用」があると説いた。塩の結晶が張り付いた木の枝がダイヤモンドの装飾品のようになるごとく、恋愛では相手を美化してやまぬ情動が働く。

 簡単に言えば「あばたもえくぼ」だが、反対に相手を殊更醜悪なものにしたがる「負の結晶作用」もあろう。私は「モンスター化」と呼んでいて、イランに対する米トランプ政権の憎々しげな対応が、これに近いと思う。

 では慰安婦問題はどうか。残念ながら日本をモンスター化する傾向は明白だ。そのエネルギーが衰えないから…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文989文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]