メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

韓国は嫌いですか(2)

 文豪スタンダールは恋愛には「結晶作用」があると説いた。塩の結晶が張り付いた木の枝がダイヤモンドの装飾品のようになるごとく、恋愛では相手を美化してやまぬ情動が働く。

 簡単に言えば「あばたもえくぼ」だが、反対に相手を殊更醜悪なものにしたがる「負の結晶作用」もあろう。私は「モンスター化」と呼んでいて、イランに対する米トランプ政権の憎々しげな対応が、これに近いと思う。

 では慰安婦問題はどうか。残念ながら日本をモンスター化する傾向は明白だ。そのエネルギーが衰えないから…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです