メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中南米

大統領選の年 メキシコ初、左派政権か 対米強硬、オブラドル氏人気

治安対策を発表する大統領候補のオブラドル氏=メキシコ市で4日、ロイター

 中南米は今年、大統領選ラッシュだ。ブラジル、メキシコの両地域大国のほか、コロンビア、ベネズエラ、コスタリカ、パラグアイで選挙があり、この6カ国の総人口(約4億2000万人)は、地域全体(約6億1000万人)の3分の2を占める。メキシコではトランプ米政権に対して強硬的な左派政権誕生の可能性が高まるなど、地域の情勢を大きく左右する激動の年となりそうだ。【サンパウロ山本太一】

 7月に行われるメキシコ大統領選では、左派で元メキシコ市長のロペス・オブラドル氏(64)が複数の世論…

この記事は有料記事です。

残り4105文字(全文4342文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです