メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

宮崎裕子さん=旧姓使用する初の最高裁判事

宮崎裕子(みやざき・ゆうこ)さん(66)

 「『宮崎裕子』を名乗ることができないと言われたら、(判事を受けるかどうか)かなり悩んだと思う」。昨秋、最高裁は裁判官が判決文や令状で旧姓を使うことを認めた。旧姓を使う初の最高裁判事となった点を記者に問われると、率直な思いを明かした。

 1979年に弁護士登録した。日本IBMグループの代理人として約1200億円の課税処分を取り消す判決を勝ち取った手腕で知られる。弁護士仲間は「派手なPRはせず、与えられた仕事を的確にこなすタイプ。依頼者の信用は厚い」と評する。

 東大在学中、結婚前の旧姓で書かれた論文が戸籍姓でないことを理由に「成果」と見なされなかった例がある…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文658文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]