メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/5止 核禁止、最後の闘い 国際社会に条約参加訴え 阪口善次郎さん(96)

被爆体験を語る阪口善次郎さん=大阪府吹田市で2018年1月16日、平川義之撮影

 つえを握る右手を震わせて席から立ち上がり、固く口を結んだまま会釈した。国際社会に核兵器禁止条約への参加を促す署名を募るため、昨年12月、大阪市内であった「ヒバクシャ国際署名推進・大阪の会」の発足総会。代表世話人の一人として満場の拍手を浴びても、阪口善次郎さん(96)=大阪府吹田市=の表情は晴れなかった。「思ったんや。これが最後の仕事になると」

 闘士だ。戦後は関西の私鉄労組に身を投じ、地方議員を経て代表理事に就いた日本原水爆被害者団体協議会(…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1025文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]