メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

選手に性的虐待、禁錮最長175年 米元医師、被害156人

 【ニューヨーク國枝すみれ】米中西部ミシガン州の連邦地裁は24日、五輪金メダリストの女子体操選手ら少なくとも156人に性的虐待を加えた米国体操協会元チームドクターのラリー・ナサール被告(54)に対し、最短で40年、最長で175年の禁錮刑の判決を言い渡した。

 約30年にわたって同協会に所属し、五輪4大会に同行。治療名目で女子選手に性的虐待を繰り返していたとされる。2012年ロンドン五…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです