メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/5止 核禁へ最後の仕事 阪口善次郎さん(96)

 <この命ある限り documentary report 230>

 つえを握る右手を震わせて席から立ち上がり、固く口を結んだまま会釈した。国際社会に核兵器禁止条約への参加を促す署名を募るため、昨年12月、大阪市内であった「ヒバクシャ国際署名推進・大阪の会」の発足総会。代表世話人の一人として満場の拍手を浴びても阪口善次郎さん(96)=大阪府吹田市=の表情は晴れなかった。「思ったんや。これが最後の仕事になると」

 闘士だ。戦後は関西の私鉄労組に身を投じ、地方議員を経て代表理事に就いた日本原水爆被害者団体協議会(…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1112文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです