メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/5止 核禁へ最後の仕事 阪口善次郎さん(96)

 <この命ある限り documentary report 230>

 つえを握る右手を震わせて席から立ち上がり、固く口を結んだまま会釈した。国際社会に核兵器禁止条約への参加を促す署名を募るため、昨年12月、大阪市内であった「ヒバクシャ国際署名推進・大阪の会」の発足総会。代表世話人の一人として満場の拍手を浴びても阪口善次郎さん(96)=大阪府吹田市=の表情は晴れなかった。「思ったんや。これが最後の仕事になると」

 闘士だ。戦後は関西の私鉄労組に身を投じ、地方議員を経て代表理事に就いた日本原水爆被害者団体協議会(…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1112文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです