メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/5止 核禁へ最後の仕事 阪口善次郎さん(96)

 <この命ある限り documentary report 230>

 つえを握る右手を震わせて席から立ち上がり、固く口を結んだまま会釈した。国際社会に核兵器禁止条約への参加を促す署名を募るため、昨年12月、大阪市内であった「ヒバクシャ国際署名推進・大阪の会」の発足総会。代表世話人の一人として満場の拍手を浴びても阪口善次郎さん(96)=大阪府吹田市=の表情は晴れなかった。「思ったんや。これが最後の仕事になると」

 闘士だ。戦後は関西の私鉄労組に身を投じ、地方議員を経て代表理事に就いた日本原水爆被害者団体協議会(…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1112文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]