メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

首都高社長が謝罪 トンネル内10時間渋滞で

 22日から降った大雪のため、首都高速道路のトンネル内で10時間にわたり渋滞した問題で、首都高速道路会社の宮田年耕(としたか)社長が25日、記者会見し、「状況把握が不十分で、適切な誘導や情報提供ができなかった。ご迷惑をおかけしおわび申し上げる」と謝罪し、再発防止策を検討する考えを示した。

 同社によると、22日午後7時半ごろ、中央環状線の山手トンネル(全長18・2キロ)の出口(東京都渋谷区)で積雪のためトレーラーが坂を上れなくなり立ち往生。移動に時間がかかり、23日午前5時半まで最大で約12キロ渋滞した。このほか、王子南出口付近(北区)と四つ木出口(葛飾区)を先頭に11時間以上にわたり最大10キロ渋滞した。【酒井祥宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  5. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]