メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

決め手上位、サンライズノヴァ (日曜競馬)

東京11R・根岸S(G3)WIN5<5>

 過去10年、連対馬は(1)(5)、(4)(5)、(11)(1)、(2)(3)、(4)(9)、(5)(1)、(4)(8)、(1)(2)、(1)(6)、(1)(3)番人気で決まった。

     馬連配当は

     3けた…………3回

     1000円台…2回

     2000円台…1回

     4000円台…1回

     5000円台…1回

     6000円台…1回

     万馬券…………1回

     2012年に4、9番人気のワンツーで1万5660円の万馬券が出たが、9回は7000円未満。荒れても中波乱止まりとなっている。

     路線別はギャラクシーS組と武蔵野S組が3連対で並び、2連対でチャンピオンズC組、カペラS組、大和S組と続いている。

     サンライズノヴァは前走師走Sで4馬身差の2着。後方から直線勝負にかけたが、勝ち馬が逃げ切るスローの流れでは仕方なかったか。東京は【3001】と得意で、1400メートル戦も3戦前にV。仕掛けどころひとつで突き抜けられる。馬単は(8)←→(6)、(8)←→(12)、(8)←→(2)、(8)←→(7)、(8)←→(3)。3連単は(8)←→(6)から(12)(2)(7)(3)と、(8)←→(12)から(6)(2)(7)(3)への3着流し。

    東京9R・セントポーリア賞(3歳・500万下)

     前走のプロトスターは3馬身1/4差の3着。スタート直後は後方だったが、早めに動いて4コーナーでは差し切るかの脚を見せたが、直線失速。まだ本調子ではなかったか。近親にG1馬がいる良血。たたき3戦目で結果を出したい。

    東京10R・早春(そうしゅん)S(1600万下・ハンデ)WIN5<2>

     グランドサッシュは2走前に出遅れて3馬身差の11着。前走も直線窮屈な競馬で2馬身半差の4着と崩れなかった。2400メートル戦は7戦して2勝。得意のスタミナ戦で巻き返す。

    中京11R・長篠(ながしの)S(1600万下)WIN5<3>

     アルマエルナトは5カ月の休養明けで5、2着。2走前は24キロ増の馬体で切れ味はひと息だったが、たたいた前走はこの馬らしい末脚で連をキッチリと確保した。重賞で好走したことのある中京でオープン入りを決めたい。

    京都10R・飛鳥(あすか)S(1600万下)WIN5<1>

     プロフェットは1600万下に降級後、5、3、4、5着。オープンに再昇級できない歯がゆさはあるが、大きくは崩れていない。前走は前が残る展開とトップハンデに泣いたが、定量戦なら反撃があっても不思議ない。

    京都11R・シルクロードS(G3・ハンデ)WIN5<4>

     過去10年の連対馬は(3)(11)、(7)(6)、(3)(4)、(1)(14)、(1)(2)、(2)(4)、(2)(1)、(2)(3)、(2)(5)、(3)(4)番人気の組み合わせで決着した。

     馬連配当は

     3けた…………2回

     1000円台…2回

     2000円台…3回

     5000円台…1回

     7000円台…1回

     万馬券…………1回

     08年に3万1470円の万馬券が飛び出したが、ここ6年は3000円未満の平凡な配当に収まっている。

     アレスバローズの前走1600万下勝ち時計は、秋と冬の開催の違いはあるが、ここで人気のスプリンターズS組とほぼ互角。有力馬が高松宮記念(3月25日)をにらんでの余裕残しの仕上げなら付け入るスキはある。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです