メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

即宗院(京都市東山区) 西郷と勝、絆の掛け軸

西郷と月照が密議を重ねた茶亭「採薪亭」の跡地=京都市東山区の即宗院で、玉木達也撮影

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の放映が始まり、幕末から明治維新を疾風のように駆け抜けた西郷隆盛への関心が改めて高まっている。東福寺の塔頭(たっちゅう)の一つとして知られる即宗院(京都市東山区)には、勝海舟との秘話が残る、西郷直筆の掛け軸などがあり、観光客らの人気を集めている。

 即宗院は1387(嘉慶元)年、薩摩国の守護大名だった6代目、島津氏久の菩提(ぼだい)を弔うため創建された。一時、焼失したが、1613(慶長18)年、島津義久によって再興され、以来、薩摩藩の畿内菩提所として深い関係で結ばれてきた。

 掛け軸には西郷直筆の七言絶句の漢詩が書かれている。西郷が1873(明治6)年に明治政府の役職を辞任…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1387文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]