メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

即宗院(京都市東山区) 西郷と勝、絆の掛け軸

西郷と月照が密議を重ねた茶亭「採薪亭」の跡地=京都市東山区の即宗院で、玉木達也撮影

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の放映が始まり、幕末から明治維新を疾風のように駆け抜けた西郷隆盛への関心が改めて高まっている。東福寺の塔頭(たっちゅう)の一つとして知られる即宗院(京都市東山区)には、勝海舟との秘話が残る、西郷直筆の掛け軸などがあり、観光客らの人気を集めている。

 即宗院は1387(嘉慶元)年、薩摩国の守護大名だった6代目、島津氏久の菩提(ぼだい)を弔うため創建された。一時、焼失したが、1613(慶長18)年、島津義久によって再興され、以来、薩摩藩の畿内菩提所として深い関係で結ばれてきた。

 掛け軸には西郷直筆の七言絶句の漢詩が書かれている。西郷が1873(明治6)年に明治政府の役職を辞任…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1387文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです