メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

阿部寛&溝端淳平 映画「祈りの幕が下りる時」で共演 最終章、屈指の疾走感で

映画「祈りの幕が下りる時」出演の阿部寛さん(左)と溝端淳平さん=大阪市北区で、久保玲撮影

 警視庁日本橋署の刑事・加賀恭一郎が難事件を解決し、事件に関わる人たちの心のわだかまりも解く。「泣けるミステリー」として人気を集める東野圭吾原作の「新参者」シリーズが、映画「祈りの幕が下りる時」(公開中)でついに完結する。

 2010年にMBS系の連続ドラマとしてスタートし、スペシャルドラマや映画にもなった。8年間、加賀を演じてきた阿部寛は「いつの間にか、自分の芝居の軸になっていた役。寂しいですが、最後に一番良い作品を届けたいと臨みました」と感慨深げに語る。加賀と捜査を共にする刑事・松宮脩平役で当初から共演する溝端淳平は「キャリア警官で、加賀とは対極にいる松宮が、彼に影響されていく部分を見せたかった」と振り返る。

 今回は加賀の過去が事件の鍵を握る今までにない設定だ。東京都内で滋賀県在住の女性の絞殺死体が発見され…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文880文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]