メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

岩手県紫波町 藤原嘉藤治の家 賢治を世に出した友 /宮城

藤原嘉藤治の家の母屋(左)と旧牛舎。辺りは嘉藤治らが開拓した

 岩手県の中央部、紫波(しわ)町の西方にある東根山(あずまねさん)(標高928・4メートル)のふもとに、小さな民家がある。冬の時期は、将棋の駒のような形の赤い屋根が雪に映える。敷地には「宮沢賢治の親友 藤原嘉藤治(かとうじ)の家」と看板が立つが、その名にピンとくる人はまだ少ない。

 藤原嘉藤治(1896~1977年)は花巻高等女学校の音楽教員時代、宮沢賢治と出会う。以後、賢治が亡くなるまでの12年間、その才能をいち早く認め、良き理解者となった。死後は賢治を世に送り出すため、全集出版に尽力した人物だ。

 賢治と交遊のあった盛岡市出身の直木賞作家、森荘已池(そういち)(1907~99年)は著書「ふれあい…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです