メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースなことば

中学の運動部活動 スポーツ庁、初の時間制限へ /大阪

 運動部活動に関するガイドライン(指針)を検討しているスポーツ庁の有識者会議が、中学での休養日を週2日以上とし、1日の活動時間を平日2時間、休日3時間程度までとする指針の骨子を大筋で了承しました。部活動は教育課程外活動で、生徒の自発的参加が前提ながら、中学男子の75%、女子の56%が運動部に所属し、公立中の半数は平日に毎日活動。運動のしすぎが指摘されているだけでなく、教員の長時間勤務の一因にもなっています。政府が活動時間の上限を示すのは初めてで、同庁が年度内にまとめる指針に沿って、都道府県教委や市区町村教委、学校が方針を策定する流れです。

 骨子では「運動を週16時間以上するとけがのリスクが高まる」と指摘した米国の臨床スポーツ医学会の提言…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文942文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです