メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

見つからない橋=小野正嗣 /大分

 川があるとは聞いていなかった。彼女はどうして教えてくれなかったのだろう。

 彼は困惑していた。

 これでは彼女に会えない。どこかに橋があるはずだと首を振って探す。上流。下流。

 橋などどこにもない。

 とりあえず上流に向かって川沿いの道を歩き出す……。

 そんな話を僕に教えてくれたのは、翻訳家のルネ・ショミエさんだ。彼とは、南仏のアルルにある国際文芸翻訳センターで知り合った。日仏それぞれから3名の若手翻訳家が参加するワークショップの講師として、2週間ペアを組んだ。

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文2126文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]