メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

大横綱の谷風にまつわる狂歌である…

 大横綱の谷風(たにかぜ)にまつわる狂歌である。「水はなのたれかはせきをせかさらん関はもとよりつよき谷風」。鼻水がたれ激しくせき込む風邪をだじゃれで詠んだこの「谷風」、力士名と風邪の名をかけている▲天明年間にはやった風邪が谷風と呼ばれたのである。負け知らずで、倒れているところを見たければ風邪を引いたときに来いと豪語した当時の谷風だった。それがまっ先にかかって寝込んだから、江戸のだじゃれ好きは黙っていない▲不幸な偶然だが、谷風は後年流行した風邪で亡くなっている。当時流行をくり返し、屈強の力士も倒した風邪は海外からのインフルエンザとみられる。一方すでに日本に定着している今日の季節性インフルエンザだが、油断は禁物だ▲今の調査方式を始めた1999年以降、1医療機関あたりの患者数が過去最多になったという。インフルエンザの大流行である。推計患者数は約283万人で、前週から112万人も増えたというから一気に感染が広がったかたちだ▲学校などの休校や学級閉鎖も前週の50倍近くに増えた。地域別では九州が多いが、すでに44都府県で警報レベルは超えたという。マスクの着用や手洗いなど個々人の感染防止の気配りが、重症化しやすい高齢者らを守ることにもなる▲「お駒風(こまかぜ)」は当たり浄瑠璃の妖婦、「お七風(しちかぜ)」は八百屋お七から風邪の名になった。昔の人が世相を心に呼び起こす名をつけたのは惨禍を忘れないためともいわれるが、歴史に名は残したくない今季の流行だ。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
    2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
    3. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
    4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
    5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです