メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

4大陸選手権 坂本が逆転優勝 日本、表彰台独占

 【台北・共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの4大陸選手権第3日は26日、台北で行われ、女子で平昌冬季五輪代表の日本勢2人は坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新する214・21点で優勝し、宮原知子(関大)は207・02点で3位だった。前回大会女王の三原舞依(シスメックス)が210・57点で2位に入った。日本女子の表彰台独占は2013年に優勝した浅田真央、2位の鈴木明子、3位の村上佳菜子以来で5年ぶり。

 ショートプログラム(SP)で2位だった坂本は、フリーでほぼ完璧な演技を見せて1位となり、逆転した。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです