メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

4大陸選手権 坂本が逆転優勝 日本、表彰台独占

 【台北・共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの4大陸選手権第3日は26日、台北で行われ、女子で平昌冬季五輪代表の日本勢2人は坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新する214・21点で優勝し、宮原知子(関大)は207・02点で3位だった。前回大会女王の三原舞依(シスメックス)が210・57点で2位に入った。日本女子の表彰台独占は2013年に優勝した浅田真央、2位の鈴木明子、3位の村上佳菜子以来で5年ぶり。

 ショートプログラム(SP)で2位だった坂本は、フリーでほぼ完璧な演技を見せて1位となり、逆転した。…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1287文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです