メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・川俣

滑りも軽やか「田んぼリンク」 歓声も響き

田んぼに水をまいて凍らせたリンクで滑走を楽しむ男の子=福島県川俣町で2018年1月20日、小出洋平撮影
川俣町の位置

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が昨春解除された福島県川俣町山木屋地区で、「田んぼリンク」の愛称で親しまれる青空スケートリンクが営業を始め、歓声が響き渡っている。

     運営する大内秀一さん(69)ら住民有志が「厳しい寒さの中でも子供たちが外遊びできるように」と、約50アールの田んぼに水をまき、薄い氷を少しずつ重ねて、滑走に適したリンクを作り上げた。

     1984年から始まり、原発事故で一時休止したが、周辺の除染が終わった2016年から再開している。主に土日営業。天候に左右されるが、例年は2月中ごろまで楽しめるという。【小出洋平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
    4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです